派遣社員として働くのが向いている人と向いていない人の違いとは?

公開日:2022/06/15   最終更新日:2022/05/18

派遣社員とは派遣会社と雇用契約を結び、客先である別の会社で就業する働き方です。さまざまな職種に挑戦したり、プライベートを優先させたりできる点から人気を集めています。しかし、特殊な働き方ゆえに、向いている人とそうでない人がいるのです。この記事では、派遣社員として働くのに向いている人と、向いていない人の特徴をご紹介します。

派遣社員として働くのが向いている人の特徴

まず、派遣社員として働くのが向いている人の特徴について、ご紹介します。派遣社員が向いているのは、以下のような人たちです。

■プライベートを優先したい人

引っ越しの予定があるので短期間だけ働きたい、もしくは残業なしで働きたいなど、プライベートを優先したい人は派遣社員に向いています。とくに、派遣社員は案件を探す時点で勤務地や労働時間、残業の有無、喫煙の可否など条件を絞り込めるため、自分の決めた枠内で仕事を決められるのが特徴です。

また、突発的に新しい仕事が入ってくることもないので、しっかり休みたい人や空いた時間に勉強したい方が多い傾向にあります。

■さまざまな職場や職種を経験したい人

派遣社員は、契約期間が満了したら新しい職場へ移ります。「ずっと同じ職場で同じ仕事をしていると、マンネリを感じて飽きてしまう」という人は、派遣社員に向いているでしょう。

また、幅広い職種をカバーしている派遣会社なら、事務を経験した後に介護や営業職、DTPオペレーターなど、ひとつの会社に所属しながら複数の職種を経験できます。さまざまな職種に挑戦し、自分に向いた仕事を探してみたいという人にも、おすすめです。

■指示通りに仕事をこなすのに抵抗がない人

派遣社員は正社員と違い、自分で新たにプロジェクトを立ち上げたり企画をしたりすることはありません。責任の重い仕事を任されることはなく、正社員から指示を受けていわれた通りの仕事をこなしていくのが、派遣社員の業務となります。よって、他人から指示や命令を受けて仕事をこなすのに抵抗がない人は、派遣社員に向いているといえます。

■スキルアップを目指したい人

多くの派遣会社では、派遣社員の実力を底上げするために研修制度を用意しています。Word・Excel・PowerPointなどといったパソコンスキルの向上などが可能です。

また、何の経験がない状態で派遣会社へ登録した人でも、研修を受けある程度の実力をつけてから実務に入る方法もあります。また、多くの研修は無料です。よって、スキルアップを目指したい人は、派遣社員に向いているでしょう。

派遣社員として働くのが向いていない人の特徴

ここからは、逆に派遣社員として働くのが向いていない人の特徴について、ご紹介します。派遣社員が向いていないのは、以下のような人です。

■腰を据えて長く働きたい人

ひとつの職場に腰を据え、じっくりと長く働きたい人はアルバイト・正社員などといった直接雇用の方が向いています。派遣社員はどうしても期間限定で働くケースが多く、たとえ3ヶ月毎に更新して長期就業を希望する場合も、最長で3年までしか働けないのです。また、契約期間中でも会社側の都合で途中打ち切りになるケースが多く、安定を求める人に派遣社員は向いていません。

■収入UPを希望している人

派遣社員は時給こそ高額ですが、昇給する見込みがほとんどありません。現場でも正社員の指示に従って仕事を進めるのが基本で、あくまで補助的な立ち位置にいるからです。

企業にとって大事なプロジェクトを立ち上げたり、管理したりするような責任のある立場はまず任されません。また、時給が高くても交通費が出なかったり、短期の契約のため社会保険がなかったりするケースもあります。

■キャリアアップを目指す人

直接雇用ならアルバイトから契約社員になったり、契約社員から正社員になったり役職に就いたりといった、キャリアアップも可能です。しかし、同じ職場に短期間しかいない派遣社員は、ひとつの職場でキャリアアップしていくということができません。よって、自分の将来像などをある程度描いたうえで、派遣社員になることをおすすめします。

派遣社員に求められるスキル

派遣社員に向いている人と向いていない人の特徴が分かってきたところで、ここからは派遣社員に求められるスキルについてご紹介します。

■ビジネスマナーと観察力

遅刻や欠勤をしないのはもちろん、言葉遣いなど社会人として基本的なビジネスマナーは派遣社員にも必要です。たとえば、役職を問わず誰とでも「~さん」と名前で呼び合う職場もあれば、きちんと肩書で呼ばなければ厳しく叱責される職場もあります。

そして、誰にどんな対応をとるべきか丁寧に教えてくれるケースばかりではないので、周りの人をよく観察して判断する能力も必要です。

■コミュニケーション能力

派遣社員は、すでに人間関係ができあがっている組織に入っていくケースが、ほとんどです。挨拶や報連相はもちろん、内輪同士で固まっている雰囲気の中にもすんなり溶け込み、仲間として受け入れてもらえるような高いコミュニケーション能力が求められます。また、知識やスキルが不足していても、対人スキルがあることで周りが助けてくれるケースも多いのです。

PCスキル

派遣社員は、新卒や第二新卒ではありません。社会人として即戦力を求められるケースも多く、ある程度のPCスキルが必要です。多くの案件ではWord・Excelの初級ができれば問題ありませんが、なかにはその職種に特化した専門スキルやExcelでもピボットテーブルなど高度なスキルを求められるケースもあるため、しっかり勉強しておきましょう。

 

派遣社員として働くのが向いている人と、向いていない人の違いについて、ご紹介してきました。派遣社員として働くのも、アルバイトや正社員などといった直接雇用で働くのも、どちらもそれぞれメリット・デメリットがあります。自分のライフスタイルや性格、そして将来像などを考慮したうえで、どちらが向いているのか判断する必要があるでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

人材派遣会社への登録会が初めてだという方は、何を準備したらよいのかや当日の流れなどわからないことが多いはず。そこで、今回は、派遣会社の登録会に行く前にするべき準備や登録会当日の流れ、登録会で

続きを読む

ハローワークという言葉は知っていても、派遣会社と何が違うの?と疑問に思われている方もいるのではないでしょうか。ハローワークと人材派遣会社の違いを理解し、うまく使い分けができれば選べる仕事の幅

続きを読む

派遣社員と聞くと、正社員よりも損だというイメージを持たれている人もいるかもしれません。確かに無期雇用となっていない点で、不安定なイメージはあるでしょう。しかし、「同一労働同一賃金」の施行によ

続きを読む

派遣のお仕事をしたい場合、まずは人材派遣会社を探して、派遣会社に会員登録しなければいけません。会員登録することで、仕事の検索や紹介を受けることができるようになります。では、人材派遣会社の登録

続きを読む

人材派遣会社への登録を考えている方は、複数の派遣会社に登録しても大丈夫なのか気になっているのではないでしょうか。派遣会社に登録しても、すぐに仕事が見つかるとは限らないため、できるだけ早く仕事

続きを読む

派遣社員とは派遣会社と雇用契約を結び、客先である別の会社で就業する働き方です。さまざまな職種に挑戦したり、プライベートを優先させたりできる点から人気を集めています。しかし、特殊な働き方ゆえに

続きを読む

求人数 45件 認可番号 労働者派遣事業/派14-150048 有料職業紹介事業/14-ユ-150026 対応エリア 全国 登録方法 登録会への参加 広島の拠点 〒732-0052 広島県広

続きを読む

現代は労働力の確保が難しい時代です。企業では高いスキルを持った労働者を獲得するため、人材派遣の活用が一般的となりました。しかし人材派遣は利用した経験がないと、実情が把握しづらいものではないで

続きを読む

広島にはたくさんの人材派遣会社があり、多くの雇用を生み出しています。人材派遣に登録を考えている方や、現在登録している派遣会社からの切り替えを検討している方は、利用する人材派遣会社の選び方から

続きを読む

求人数 132件 認可番号 人材派遣許可 厚生労働大臣許可番号(派)27-130023 有料職業紹介許可 厚生労働大臣許可番号 27-ュ-300062 対応エリア 東北・北海道以外 登録方法

続きを読む